2017年04月27日

細菌性皮膚炎


昨夜、海(める)の体のあちこちが赤くなっているのに気づいた。
毛刈りしてもらった時も赤くなっているところがあったのだけど、その時は薄い色で乾いていたから、特に治療の必要なしと言われた。その赤みが増した感じ。特に首回りが酷い。
午後、病院に連れて行った。

細菌性皮膚炎で、痒くて自分で掻いてしまったらしい。
長毛の毛がなくなってダイレクトに皮膚を掻きむしれるから悪化してしまったのだろうとのこと。
細菌性皮膚炎、保護当時からなんだよね。良くなっても何かのきっかけでぶり返す。(--;)

2週間効果が持続するコンベニアを注射してもらって、
「以前の時もこれで良くなったから大丈夫でしょう」
と先生。
家では薬を飲ませられない子なので、コンベニアは助かる。これでしばらく様子見。
とりあえず痒みが治まれば掻かなくなるし、掻かなければ治りも早いからね。
タグ:海(める)
posted by マナ at 00:04| Comment(0) | 海そら

2017年04月22日

トリミングじゃなく毛刈り

今日は海(める)そらの毛刈りに行ってきた。
トリミングじゃなくて、まさに毛刈り。(^^;)
いやしかし、ほぼ2時間。
私は保定していただけだけど、めっちゃ疲れた。(´ヘ`;)

海もそらも、ケージ内だけで生活していた時は逃げ場がなかったからか、ガマンしてブラッシングさせてたけど、2階フロア自由になったら逃げてしまって滅多にブラッシングをさせなくなってしまい、どうしても冬の間に毛玉だらけになる。
特に海は柔らかくて絡みやすい毛質なのに家庭内野良状態で、ブラッシングどころか撫でさせもしないくらいだから、もう大変な状態に。( ̄□ ̄;)!!

去年の今頃もすごくなっていたので、トリミング設備のあるトムの病院にお願いしたのだけれど、預けなければならなかったのと、おそらく鎮静剤を使ったのとで相当怖かったらしく、帰ってから心配になるくらい震えて怯えてしまっていたので、今年は猫たちの主治医にお願いした。
猫たちの病院にはトリミング設備はないので、毛玉を取るのを中心に、バリカンで刈り刈り。(だから毛刈りw)

時間がかかるのはわかっていたので、午前診療と午後診療の間の時間外に予約を入れて連れて行った。
それほどひどくなかったそらは比較的早く終わり、問題の海は……そんな余裕なかったけど、写真撮ってくれば良かったってくらいひどいフェルト状の塊が。(^^;) フケもすごくて、塊に引っ張られてハゲもできてたり。
これじゃ本猫もかなり辛かっただろうなあ。
暖かくなってから、と思ってたんだけど、もう少し早く連れて行ってやれば良かったあせあせ(飛び散る汗)

猫たちの病院には海も保護当時ずいぶんお世話になって、1ヵ月近く入院もしていたので場所や先生のことも覚えていただろうし、ずっと私が一緒にいて撫でたり慰めたりしていたこともあって、全く怯えることもなく、終了。お腹やお尻周りをやる時は嫌がったけど、上半身を刈っている時は気持ち良さそうな顔さえして、おとなしくしていた。
帰って来てからも元気いっぱいで態度も普通だったので、これが正解だな。今後も猫たちの病院にお願いしよう。
本当は家でブラッシングと毛玉切りをマメにさせてくれればいいのだけどね。

とりあえず、海は月に1度くらいの割り合いでブラッシング&毛玉切りに連れて行った方が良さそう。そらは数ヵ月に1回くらいでも大丈夫そうだけど。

長くにゃんこ生活してるけど、長毛種と一緒に暮らすのは、ほぼ初めてだもんなあ。(^^;)
以前、ペルシャ(ノエル――里子に出て今の名前はカプハル君)を預かっていたけど、ノエルはあまりブラッシングしなくても毛玉ができない子だったから……。同じ長毛でも毛質によってこんなに違いがあるんだな。
というか、毛玉ができやすい毛質の長毛種の家庭内野良ほど厄介なものはありまへんな。(;''∀'')

海! 懐けとは言わないけど、せめて馴れて!
posted by マナ at 23:53| Comment(0) | 海そら